印西市総合福祉センター周辺地域を紹介します​

印西市総合福祉センターがある木下周辺は、地味豊かなので、古くから多くの人々が暮らしていました。利根川に近く、水運の拠点、街道の宿場町としても栄えた地域で、歴史的な遺産や文化財も多数あります。ここでは、順次、木下地域の紹介をしていきます。
写真は当センター正面入口から木下駅南口に向かう道路の坂の上から見える筑波山です。
ひょうたん島池(竹袋調整池)
ひょうたん島池は、「NPOエコネットちば」が維持管理をしています。四季折々の花が美しく咲いています。春は河津桜、芝桜、パンジー、藤、夏はひまわり、ハス、秋はコスモス、冬はコキアなどです。お散歩に丁度よいコースです。
住所:印西市竹袋(当センターの東側です。)

印西市総合福祉センター周辺地域を紹介します その2

 木下駅南口から出て東側の丘(徒歩20分くらい)には、木下万葉公園、木下貝層、印西市立木下交流の杜歴史資料センターがあります。県立印旛高等学校の跡地で、丘の上からは、利根川の雄大な景色が眺められます。写真は、丘の上の木下交流の杜広場からの景色です。今回は、前述の公園等を紹介します。
木下万葉公園・木下交流の杜公園
万葉公園は、丘の上の藤棚のあるところです。右上の写真は、丘の西側にある木下交流の杜の入口ですが、この上に万葉公園があります。丘の東側面には、ローラー滑り台と河津桜、丘の下は、木下交流の杜公園多目的運動場があります。丘の上には次に紹介する歴史資料センターと交流の杜広場もあり、貝層は、この公園の西側と南側にあります。とても広い公園で、休日は、家族づれや子供たちで賑わっています。駐車場は、竹袋交差点から入る交流の杜公園多目的運動場と丘の上の歴史資料センターと右上の写真の入口を入った左側の3か所あり、トイレも完備しています。右下の写真はローラー滑り台です。
住所:印西市木下1944
印西市立木下交流の杜歴史資料センター
木下交流の杜歴史資料センターは、市史編さんを主な業務とし、歴史資料の収集や保存、に努めています。展示室では、万葉公園内にある木下貝層に関する資料や木下地区周辺の原始から近代初めまでの考古・歴史資料を展示しています。
  • 住所:木下1489-1
  • TEL0476-40-3500
  • 開館時間:午前9時~午後5時
  • 休館日:月曜日・祝日
  • 入館料:無料
木下貝層
木下貝層は、約12~13万年前に形成された貝化石類を多く含んだ地層です。千葉県中北部に広がる北総台地と呼ばれる標高20m~30mの台地に分布しており、木下で最初に調査されたので、「木下貝層」と呼ばれています。写真は、万葉公園西側露頭部です。 南側露頭部もあります。

お気軽にお問合せください。